明石市の交流

◇無錫市との交流エピソード

 明石市は、無錫市が国際友好都市提携を結んだ初めての市です。1981年(昭和56年)の提携以来、文化・スポーツなど幅広い分野で交流し、友好を深めてきました。

 友好のシンボルとして、1984年(昭和59年)に無錫市から中国風あずまや「明錫亭」が送られ、石ヶ谷公園内に設置されています。台座や屋根、細部の装飾は、無錫市の花である梅の花形をデザイン。梅林越しに明石海峡の美しい景色を眺めることができ、市民の休憩施設として親しまれています。

 近年の交流としては、2011年(平成23年)に友好都市提携30周年を記念し、無錫市中高生駅伝交流団が来明。明石公園で両市合わせて75チーム567人が参加した、記念駅伝大会を開催。日中友好の心をたすきでつなぎました。2013年(平成25年)には、明石市中学生選抜吹奏楽訪中団が無錫市を訪問。無錫大劇院などで演奏を披露し、音楽を通じて交流を行いました。

友好都市5市リンク

無錫日商倶楽部